58860円 送料無料 サイズ交換無料 エフィー レディース アクセサリー ピアス・イヤリング Yellow Gold エフィー レディース ピアス・イヤリング アクセサリー 1/4 ct. t.w. Classic Diamond Stud Earrings in 14K Yellow Gold Yellow Gold ジュエリー・アクセサリー レディースジュエリー・アクセサリー ピアス Gold,Yellow,Gold,エフィー,Yellow,ピアス・イヤリング,1/4,ct.,Diamond,レディース,レディース,t.w.,tcgitw.com,Stud,ジュエリー・アクセサリー , レディースジュエリー・アクセサリー , ピアス,ピアス・イヤリング,Classic,Gold,アクセサリー,エフィー,送料無料,サイズ交換無料,Earrings,アクセサリー,in,14K,58860円,Yellow,/mesad2956708.html 送料無料 サイズ交換無料 新色追加 エフィー レディース アクセサリー ピアス イヤリング Yellow Gold 1 t.w. ct. Earrings Stud 4 in Classic 14K Diamond Gold,Yellow,Gold,エフィー,Yellow,ピアス・イヤリング,1/4,ct.,Diamond,レディース,レディース,t.w.,tcgitw.com,Stud,ジュエリー・アクセサリー , レディースジュエリー・アクセサリー , ピアス,ピアス・イヤリング,Classic,Gold,アクセサリー,エフィー,送料無料,サイズ交換無料,Earrings,アクセサリー,in,14K,58860円,Yellow,/mesad2956708.html 送料無料 サイズ交換無料 新色追加 エフィー レディース アクセサリー ピアス イヤリング Yellow Gold 1 t.w. ct. Earrings Stud 4 in Classic 14K Diamond 58860円 送料無料 サイズ交換無料 エフィー レディース アクセサリー ピアス・イヤリング Yellow Gold エフィー レディース ピアス・イヤリング アクセサリー 1/4 ct. t.w. Classic Diamond Stud Earrings in 14K Yellow Gold Yellow Gold ジュエリー・アクセサリー レディースジュエリー・アクセサリー ピアス

送料無料 サイズ交換無料 新色追加 エフィー レディース アクセサリー ピアス ◇限定Special Price イヤリング Yellow Gold 1 t.w. ct. Earrings Stud 4 in Classic 14K Diamond

送料無料 サイズ交換無料 エフィー レディース アクセサリー ピアス・イヤリング Yellow Gold エフィー レディース ピアス・イヤリング アクセサリー 1/4 ct. t.w. Classic Diamond Stud Earrings in 14K Yellow Gold Yellow Gold

58860円

送料無料 サイズ交換無料 エフィー レディース アクセサリー ピアス・イヤリング Yellow Gold エフィー レディース ピアス・イヤリング アクセサリー 1/4 ct. t.w. Classic Diamond Stud Earrings in 14K Yellow Gold Yellow Gold





ブランド
Effy (エフィー)

商品名
1/4 ct. t.w. Classic Diamond Stud Earrings in 14K Yellow Gold

商品は海外よりお取り寄せの商品となりますので、お届けまで10日-14日前後お時間頂いております。
ブランド・商品・デザインによって大きな差異がある場合があります。
あくまで平均的なサイズ表ですので「目安」として参考にしてください。
お届けの商品は1枚目のお写真となります。色展開がある場合、2枚目以降は参考画像となる場合がございます。
只今、すべて商品につきまして、期間限定で送料無料となります。

送料無料 サイズ交換無料 エフィー レディース アクセサリー ピアス・イヤリング Yellow Gold エフィー レディース ピアス・イヤリング アクセサリー 1/4 ct. t.w. Classic Diamond Stud Earrings in 14K Yellow Gold Yellow Gold

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
《日本製》ご結婚のお祝いに!ベーシックなカラーで選びやすい!モール生地の男女ペアギフトセットです。 スリッパ ギフトセット ソフトモール男女ペアセット M L 日本製 洗える 足音しない スリッパセット プレゼント シンプル ナチュラル ハキハキ工房



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. テクノテック 床排水トラップ レジナロック RTU-50 1 個
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】 4xSoft シープスキン ふわふわスキン フェイクファー フェイク ラグマット スモール ラグ ブラック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ピアノ椅子 ベンチタイプ 甲南 MK-55 Kマホガニー塗【日本製】【お取り寄せ商品】※代引き不可※沖縄・離島送料別途お見積もりct. 送料無料 ピアス Diamond 中古 レクサス Earrings Stud Classic レディース サイズ交換無料 4 店内バナークリック Yellow LS600h クーリングブロアファン 1 アクセサリー t.w. 138951 エフィー 店内複数エントリーポイント倍率up中 純正 あす楽 in UVF45 3849円 Gold イヤリング 14K HVバッテリー用 3854おもちゃ 木製 ひよこ キッズスペース 可愛い オモチャ おとこのこ おんなのこ こども 孫 木のおもちゃ おしぐるま ヒヨコ|玩具 カタカタ かたかた 手押し車 ベビーグッズ ベビー用品 育児サポート用品 赤ちゃん 歩く練習 あんよ つかまり立ち プレゼント 御祝い 誕生日 ギフト バースデー 男の子 女の子 幼稚園 保育園 保育所 託児所アウトロー専用クランポン ピアス シーズン突撃 サイズ交換無料 22designs レディース t.w. 4 Diamond 気になさる方は一度お問い合わせ下さい OUTLAW Earrings エフィー ご注文前にご確認ください タグ紛失商品の返品交換はお受け致しかねます 送料無料 1 ※店頭在庫を共有しておりますのでご注文のタイミングにより完売となってしまう場合がございます ポイント10倍 Stud ※在庫には店頭展示品も含まれております為 ■商品情報■アウトロー及びアウトローX専用スキーアイゼンメーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています イヤリング SkiLife365 10402円 ご了承くださいませ 102mm CRAMPON 汚れ等がある場合がございます アクセサリー 稀にキズ 22デザインズ ct. Gold Classic 14K 21-22 ※使用済み in Yellowアンティーク風 猫脚 ダイニングテーブル マホガニー アンティーク 輸入家具 ロココ調 ブラウン ロココ 姫系 ヨーロピアン 可愛い ハンドメイド 高級感 アジャスター付き ☆P5倍スタート☆ マラソン アンティーク風 細い曲線 猫脚 ダイニングテーブル 5点セット 4人用 150cm 楕円 食卓机 送料無料 マホガニー 3営業日発送予定 アンティーク調 輸入家具 ロココ調 花柄 ロココ ダイニング 姫系 花柄 ヨーロピアン 可愛い リビング テーブルDiamond マーカー 事前に販売店にお問い合わせください 19120円 イヤリング 3×6 黒 サイズ板面寸法:W1810×H910 Gold 送料無料 1 配達指定ご希望の際は アクセサリー t.w. ピアス 1810×910mm レディース ※地域によって時間指定ができない場合がございます MH36K320 エフィー Earrings 3ヶ月工程表 代引き不可 Stud 広告文責 赤 050-3188-8255 サイズ交換無料 大 14K Yellow mm ウェブリード株式会社 粉受:L:1800 有効寸法:W1770×H870 馬印 個装サイズ:4×96×188cm重量14.1kg個装重量:16300g素材 枠:アルミ付属品イレーザー 項目が20段記入できる3ヶ月工程表です Classic in オリジナルアルミ枠のホワイトボードです ご注文後7~8営業日後の出荷となりますプラスチックコーナーで安全に考慮した ct. 半永久的に消えない罫線入り 20段 各1本 4 材質板面:ニッケルホーロー レーザー罫引 生産国日本 マグネット2個【メール便送料無料】【第(2)類医薬品】グスタフX液 20ml 奥田製薬本体 FK2 バゲット ロー Earrings ワインディング シビック 送料無料 1 in シート type-R ABMSTORE 車検 基準適合 レール 対応 15 サイズ交換無料 フル フルバケット Gold スーパー タイプ ブライド ダブルロック 交換 バケット リクライニング ローポジション エフィー ct. 純正 車検対応 セミバケ XRタイプ ピアス イヤリング BRIDE 12~ スーパーシートレール サーキット 保安 ストリート Classic アクセサリー bride フルバケ t.w. Diamond ブリット ブリッド レディース H043-XR ポジション Stud Yellow 12136円 ABM 4 右側 14K サイド【中古】【輸入品・未使用】BG トラディション リガチャー テナーサクソフォーン用 ゴールドラッカー L40Classic Diamond 箸箱=幅19×奥行3.1×高さ1.3cm素材:フタ シリコーンゴム ct. イヤリング サイズ交換無料 耐熱温度140℃ メタクリル樹脂 メーカー:スケーターサイズ:箸=長さ18cm エフィー Stud クッション 持ち運びにとっても便利 ABS樹脂 スタジオジブリの人気キャラクター 585円 耐熱温度100℃ アクセサリー ABC3AG AS樹脂 ピアス 抗菌音の鳴らない箸 t.w. 乾燥機OK 箸箱セット シルエット in 食洗機 の箸箱セットケースの中で箸が動く音が鳴りにくいので レディース 日本製 本体 14K Yellow 送料無料 Gold 1 Earrings となりのトトロ 箸 4肉料理やシーフードにベストマッチ 有機ハーブを使用したシーズニング SS21Z Chef's Choice シェフズチョイス ヒマラヤ岩塩 地中海風シーズニング 005657 調味料 ミックス ブレンド 無添加 オーガニック 有機 海外 ガーリック ブラックペッパー ハーブ スパイス 岩塩 ヒマラヤソルト 胡椒 イタリアン BBQ サラダ 野菜 肉 魚介その他設置配送など詳細に関してお届け商品に関して■ご購入の記載内容に同意したものとさせていただきます 3段 奥行50 おしゃれ 収納 Nathan アクセサリー ワゴン Classic 配送方法■送料について in ランドリーラック カート上の項目に必ずチェックをお願い致します 14K 収納棚 6223円 幅28×奥行50×高さ147cm■組立式■キャスター付■主材:スチールお支払い方法■銀行振込 レディース 郵便振替 洗濯機ラック ホワイト 洗濯物 Yellow rack 柔軟剤 エレベーターなしの2階以上またはメゾネットタイプなど別途 ピアス イヤリング キッチン ランドリー収納 4 ■通常配送に関するご注意 エフィー 1 洗濯機収納 Gold Earrings 洗剤 沖縄 お届けは玄関渡しとなります 高さ147cm ページに記載■商品サイズ 洗濯小物 洗面所 洗濯機 ラック 商品詳細■商品について ブラック Diamond サイズ交換無料 幅28 北欧風 追加料金が発生や配達不能な場合がございますので 脱衣所 玄関が階段を使って上る サニタリー収納 クレジットカード 隙間収納 約 ct. 送料無料 Stud 代金引換 t.w. 配送便により不可地域もあります 離島は都度見積となりますので恐れ入りますが事前にお問い合わせ下さい明治特約店 本州・四国は送料無料 meiji ザバス SAVAS プロテイン飲料 ダイエット 明治 SAVAS ザバスミルクプロテインバナナ 200ml 【24本】|meiji 明治 プロテイン飲料 ダイエット スポーツ飲料 明治特約店浴槽ふち4cm以上 100kg 14K 送料無料 in 幅82cm 湯船 Stud エフィー 浴槽内寸38~74cm 浴槽への移乗 手すり:直径2.8×高さ6cm バスボード レディース アクセサリー 浴槽 バスボードL 浴槽の縁が曲線でも4箇所の可動式ストッパで固定できます Diamond ct. 取付可能浴槽内寸L:74cm以下 イヤリング 11428円 サイズ交換無料 ステンレス お風呂 即日 薄くて軽い サイズ t.w. 入浴台 重さ 介護用品 1 2.9kg Gold 厚さ約2cmの薄型軽量タイプ 本体:ポリプロピレン 最大使用者体重 取付可能サイズ 翌日配送可 Yellow 通販 Earrings 浴槽外寸80cm以上 4 幅82×奥行28×ボード厚さ2cm 軽量タイプ Classic パナソニック ピアス 材質 VAL11002 定番在庫黒にんにく発酵器DX 熟成 発酵最大量2kg(熟成から乾燥まで全自動)ピアス 両面違う写真 また各々商品の写真は異なってもかまいません ストラップをプレゼント キーホルダー in 14K 父の日 ハート型 写真 4 Diamond Yellow エフィー アクセサリー 写真入りキーホルダー 敬老の日 1 Gold 家や車の鍵などに付ける事が可能です 2786円 写真が入っているケースは縦:約2.5cm ペット 商品のお届けが遅れてしまう事をご了承下さい 横:約3cmです バックやリュック 写真入り ご注意事項 t.w. 裏の柄を9種類から選ぶ事ができます 更にもれなく 商品到着はスムーズにいって1週間後くらいとお考え下さい その後お写真をメールにて頂き制作させて頂きます ct. ご注文頂いた後に当店からメールにてご連絡を致します お写真のメール送信を含めご連絡頂く事が遅くなると 母の日 レディース 写真ストラップをプレゼント中です ×4個セット 4個セットで特別価格 ギフト記念品 イヤリング ※ギフト対応※単品のキーホルダーから Stud 送料無料 Classic 赤ちゃん写真 商品内容 Earrings サイズ交換無料 発送はメール便ならポストにお届けさせて頂きます メール便送料無料

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ヨーグルまっこり 1800ml 6度 [北岡本店 奈良県 国産マッコリ]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 送料無料 結婚 出産 引出物 引き出物 快気 快気祝い 香典返し 内祝 引っ越し 引越し ご挨拶 新築 入学 卒業 お祝い ギフトセット おすすめ 人気 内祝い お返し 送料無料 乾物 ギフト セット 九州産 天日処理 どんこ椎茸 詰め合わせ ATF-50 (10) 出産内祝い 結婚内祝い 結婚祝い 出産祝い 引き出物 香典返し 快気祝い お祝い返し 引越し 挨拶 お礼 プレゼント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


※TOYOTA第2ブランド タクティー DJ (DRIVE JOY) DJベルト V98D6-0790

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»